本文へスキップ
車査定 損しないためには?

車の安全装置


車や人を感知して自動的にアクセルを緩めたりしてくれるブレーキシステム、車線からはみ出すと教えてくれる車線逸脱警報機能など、技術はとても進化をしました。
その一方で、居眠り、てんかん発作、低血糖症の意識喪失などのいわゆる「ヒューマンエラー」をなくすることは不可能といっても過言ではないと思います。
そんなときに役立つのは、事故を未然に防いでくれる装置の数々で、現在ではビックリするほど多くの安全装置が開発されてきました。
スバルのアイサイトは、映像処理ソフトとモノクロのカメラ2つというシンプルなシステムの構成になっているのですが、それでいて緊急停止や追随クルーズコントロール、車線監視まで、行うことができます。
カメラはどんな物体でも判別することができて、ミリ波レーダーでは捉えることが難しかった人間も捉えることができるようになったのです。
ただこのすばらしいシステムも、激しい逆光や荒天時などの視界が悪いときは信頼性に欠けます。

トヨタ クラウンアスリート 値引きもチェック!
ボルボに搭載されている「ヒューマンセーフティー」も機能としてはアイサイトとほぼ同じで追突しそうになったら、自動的にブレーキをかけてくれるというものです。
たた、使用しているセンサーはアイサイトとはまったくことなり、航空機などにも使用されているミリ波レーダーと、カメラ、レーザーと、3つのセンサーを使用しています。
ミリ波レーダーは悪天候でも正確な情報を感知でき、カメラで画像認証をして人間だって的確に感知、レーザーで短い距離を正確に測ることができ、アイサイトと比べて優れている点は、悪天候時や逆光時でも、カメラ以外のセンサーが稼動している点です。
ただ唯一の弱点といえばコストが高いということだと思います。

マツダではレーザーセンサーを使用した簡易型の追突防止装置を開発しました。
レーザーセンサーはミリ波レーダーに比べて価格が安く、それでいて近距離の測位精度が優れているので、この特徴を生かして低い速度でのケアレスミスによる追突事故を防ぐというものです。
マツダでは「30km以下の安全性はきっちり確保します」という考えだと思います。
追突事故の原因の多くは「前方の車が発進したと思い込みアクセルを踏んだらついとつし
た」「渋滞中によそ見をして追突した」という事例が多いのでなるほど理にかなっているなとおもいます。

ナビゲーション