本文へスキップ
車査定 損しないためには?

見出しHEADLINE

結婚して3年、初めて車を購入したのは、中古車で、トヨタのラウムでした。夫も私も車を買うということが初めての経験で、とても興奮していました。

通勤に必要で早く欲しかったのですが、中古車をどのように探せばいいかわからず、結局「場所代がかからない分、ネットで探した方が安いはずだ」という夫が、インターネットで見つけてきた業者から買うことになりました。最初に希望を聞かれたのですが、とりあえず車種と色と走行距離ぐらい伝えればいいかと思ってました。そして、選んでもらった車の引渡しの日、乗った瞬間に後悔しました。タバコの臭いがきつかったからです。私も夫もタバコが嫌いで、でも、引渡し当日に「この車は嫌です」とも言い出せず(そもそも最初の希望で禁煙車と伝えなかった自分たちに非もあるため)、その日は夫婦で会話もなく、最初の興奮はどこへやら、しょんぼりと帰宅しました。初ドライブの何とも重たい空気、忘れられません。まもなく子供も生まれる予定だったので、様々な芳香剤やいろんな方法で何とかしてたばこの臭いを消そうと頑張りました。タバコの臭い以外は、シャンパンゴールドという色も気に入っていたし、後部座席のスライドドアもとても便利で車自体には愛着も出てきました。結局3年くらい乗りましたが、最後までタバコの臭いには悩まされました。中古車を初めて買うというタバコ嫌いの人には、「禁煙車」の指定を忘れずに!!と伝えたいです。

ナビゲーション